約30年ぶりのお客さん

投稿日: カテゴリー: お客様来店日記

先日、およそ30年ぶりのお客様が
来店してくれました。

以前は 奥様(その頃はまだ結婚されていませんでしたが)と
よく来店してくれましたが 結婚を機に四国の実家に帰られて
今回 ご家族で来てくれました。

まるで同窓会のように30年前にさかのぼったような気分で
色々と話し込んで 楽しい時間でした。

奥様がステーキの“タレ”とサラダの“ドレッシング”で
「昔食べた“そうまの味”を思い出しました」
と言われました。

味の記憶もその人の思い出になっているんだと思い
とてもうれしかったです。

そうまのステーキとタレ

 

料理の熱

投稿日: カテゴリー: お客様来店日記

先日長年来ていただいているお客様が
「本当はゆっくりと食べた方が良いと思うのですが
“料理の熱”が冷めてしまうと思うのです。」
と言われて 詳しくうかがうと

単に 温度のことを言っているのではなく
作った人の“情熱”“熱気”(少し大げさですが)が
冷めないうちに…

なにより せっかく生き物を食しているのですから
その材料の“熱気”も冷めないうちにいただく…
そんな気持ちも含まれているのだろうと解釈しました。

簡単に申しますと“有難い”ということでしょうか
すごい考えで食事をされているんだなと思い
あらためて感服しました。

ちなみに このお客さんは
「美味しいものを食べる時は 前に一時間くらい水泳
してから食べることにしているんだ」とのことです!?

ステーキの前菜 牛タンのハム仕立て