“美味しい”の力【8】

投稿日: カテゴリー: お客様来店日記, 美味しいの力(チカラ)

常連さんが先日、どこかのレストランで食事をしたそうです。
そのお店の感想を聞いたら 「味に迷いがありましたね」と、そして
うちのお店を「ここは味に迷いがなくてビシッと決まっていますもんね」と、
それに対してオーナーが「もう何十年もやっているから開き直っているんですよ?」と、

お客さんにそう思って貰えるまで お客さんからどれだけの
「美味しい」「美味しかった」の言葉をいただいたのでしょう?
我々にとってお客さんの「美味しい」は 味の素(科学調味料ではありません^^;)で
エネルギーの源なんです!
「美味しい」の力はやっぱり凄いんです(^0^)/

真鯛のマリネ

ステーキレストランそうまのステーキ

おいしいのちから 【7】

投稿日: カテゴリー: お客様来店日記, 美味しいの力(チカラ)

ごく稀にですけど うち(そうま)でステーキを食べて涙を流されるお客さんがいるんですよ!?

お店を始めてからもう40年以上経ちますが 数人、そういうお客さんがいました。
聞いてみると 連れの方との会話でそうなったのではないそうで
「自分でも分からないうちに勝手に涙が出るんです。」と、

皆さん ドラマや映画を見て涙が溢れてきたり本を読んでそうなったり
歌を聞いて涙が出たりしますけど…

まさかステーキを食べてそうなるなんて驚きですよね!
でも考えると 音楽、それも歌のない器楽曲を聞いて涙がでることってありますよね
多分 それに似ているんだと思います。

本や映画(ドラマ)や歌はおそらく知性(思考)を司ると言われている頭の左脳に訴えかけて涙が出るのでしょうが
楽器だけの音楽(聴覚)や食べ物(味覚)は本能や感覚を司ると言われている右脳のほうに直接訴えかけるのではと思うんです。
ちょっと大袈裟ですけど“心を揺さぶる美味しさ”ということなのでしょうか?
心(脳)に直接響く 「おいしい」のちからって凄いですよね(^-^)