シンプルに

投稿日: カテゴリー: 調理・料理

当店は ステーキ屋なので
他の料理もシンプルなおいしさになるように作っています。
(私としては フラットな味にしようと思って作っています)

良い材料(素材)を良い加減で調理していくと
結果としてシンプルな味になるのでは?と思います。
(お客さんが食べた時に 何を食べているのかがすぐ分かるようにと心がけています)

最初の頃は 一生懸命作っていたのですが
加減がいま一つ分からないので 悪く言えば
イーカゲンだったのかも?

イーカゲンから失敗の経験をつんで 今では
良い加減になっていると思いますが・・・

お客様の「おいしい」は今でも“ホッと”します。

20世紀のフランス料理界の巨匠の名言
「料理は 素材を超えられない」を
ブログを書きながら 思い出しました。

そして 昔、今から思えば未熟な若いころ「我々は “素材のしもべ”ダヨナ」
なんて 生意気なうんちくを語っていたのを思い出しました。

フライパンでステーキ

ステーキの前の前菜

調理と料理

投稿日: カテゴリー: 調理・料理

以前、テレビで料理研究家の先生が
「調理と料理」というお話をしていました。

「調理とは?」理(ことわり)を調べること
「料理とは?」理(ことわり)を料られたもの
という意味だそうです。
(漢字を見れば もっともな事なのですが^^;)

そう言われてみれば いつも「どれくらい?」を
気にして作っています。
どれくらいの量? どれくらいの火加減で?
どれくらい焼く?煮る?蒸す?などです。
そして「どれくらい?」を料られて
料理の出来上がりです。

日本語は芸がこまかいですね。

ステーキの前の前菜