そうまの日常

“そうま” を長くつづけて・・・

10年程前からでしょうかお客様から度々言われる事があります。
それも、何度か来店するようになってから・・

「マスター私の事わかりますか?」と、

お話を伺うと

横須賀の鉄板焼ステーキハウスそうまのときに

「当時はまだ高校生位でしたが家族の誕生日などにそうまのステーキが食べたい!といってよく食べに連れていってもらいました。」

「お爺ちゃんとお婆ちゃんにおねだりしてよく連れていってもらいました」など

そして

「私も 自分でそうまのステーキを食べに来れるようになりました。」

「今では 子供にせがまれて食べに来ています。」など

この様なお話はとてもありがたく、

そうまを長く続けていてよかったと思います。